痩身放棄期も活動を継続することが大切

膠着期は、夕食を切り落としたり、体を動かしたりという減量をしていると起きることです。意を決して実行した減量も途中で撤退することが多いのは、頑張っても何となく体重が減らない膠着期があるからです。大抵の人は、減量を開始するという、その時はウエイトが順調に減ります。今までとは夕食の量を変えたり、運動量を足したりするので、体に影響が出るのです。膠着期は、それまで着々とウエイトは減っていたのに、まるで減らなくなる時間だ。それも、減量や、エクササイズは変わらず実践しているのにもかかわらずだ。膠着期に入ってしまうと、体重が落ち辛く至るどころか、とても落ちないことなどもあります。減食のつらさや、エクササイズの苦しさは貫くのに減量がもたつくという状況が貫くといった、減量自体をしたくなくなります。膠着期は減量がうまくいかないから起き上がることではなく、寧ろ、減量がきちんとできているからこそ、目覚めることだといえます。そもそも膠着期は、体内の急性段取りにびっくりして、体を省エネ状態にするナチュラルヒーリングパワー様式が動くために発生します。一年中に摂取できるカロリー量が少ない日光が続いても、体調はスムーズを維持できるように、人の体は入れ替わりを衰えさせ、体脂肪を却って溜め込もうとするのです。減量が長続きしないという人の多くは、膠着期はどんなものか知らないことが多いようです。体が減量に慣れてきた裏付けが膠着期であるので、この時期に運動をするため筋肉が増加して、その分だけ脂肪が減りますが、ウエイトは筋肉繁殖によって急激に鎮まることはなくなります。減量をしているまま、膠着期に入ったからといって、働きが貧しくなったと考える必要はありません。減食や、エクササイズを積み重ねるため、後でまたウエイトは減少し始めます。